ネガティブチェックの意味合いではなく、期待値のズレをなくすことや、面談で知ることができない候補者の特性を知るためにリファレンスチェックを実施します。